偕楽園

いばらきを観よう

水戸の梅まつり「チームラボ偕楽園光の祭」に参加してきました

「第125回水戸の梅まつり」で今回、 アート集団「チームラボ」とコラボして 夜間に光を用いた演出がなされて 「光の祭」と題されて ひじょうに人気となっています。
いばらきを観よう

水戸の梅まつり2021

今年の「水戸の梅まつり」は 新型コロナウイルス感染症の影響で ”梅大使によるお出迎え”は体験できないでしょうけれども、 ”チームラボ”のイベント等 ”新しい試み”も取り入れられているので、 水戸の梅まつりを訪れたことがない人はもちろん 訪れたことがある人であっても 楽しめるんじゃないでしょうか。 ただ、きれいな女性ぞろいの ”梅大使”の方々にお会いできないのは 非常に残念ではあります。
偕楽園

水戸の梅まつり2020が大変なことに

”第124回水戸の梅まつりにおける各催事について、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、各行事及びボランティア等を中止することといたしました。 各催事を楽しみにされていた皆様、またご協力をいただいた皆様には心よりお詫び申し上げます。 ※開催状況は随時更新する可能性がございます。ご了承ください。”
いばらきを観よう

2020年の水戸の梅まつりの特殊性

今年令和2年(2020年)の「水戸の梅まつり」は2月15日の土曜日から3月29日の日曜日にかけて、水戸市の偕楽園と弘道館で開催されます。 今年の梅まつりは今までと違う部分が多いので、そのことについてお話してまいります。
タイトルとURLをコピーしました