水戸市

いばらきを観よう

水戸の梅まつり「チームラボ偕楽園光の祭」に参加してきました

「第125回水戸の梅まつり」で今回、 アート集団「チームラボ」とコラボして 夜間に光を用いた演出がなされて 「光の祭」と題されて ひじょうに人気となっています。
いばらきを観よう

水戸の梅まつり2021

今年の「水戸の梅まつり」は 新型コロナウイルス感染症の影響で ”梅大使によるお出迎え”は体験できないでしょうけれども、 ”チームラボ”のイベント等 ”新しい試み”も取り入れられているので、 水戸の梅まつりを訪れたことがない人はもちろん 訪れたことがある人であっても 楽しめるんじゃないでしょうか。 ただ、きれいな女性ぞろいの ”梅大使”の方々にお会いできないのは 非常に残念ではあります。
市町村別

水戸市

水戸市は茨城県の県庁所在地で、 人口26万9000人を誇る中核市となっています。 そのため、県庁所在地としての機能を持っているだけでなく 茨城県の機能としての権限も一部水戸市が取り行っております。
いちょうまつり

コロナ禍での歴史館いちょうまつり

今年の「歴史館いちょうまつり」はコロナ禍のなかでの”頑張っての開催”なので、規模が縮小されて活気が足りない感じは仕方がないところです。
いばらきを観よう

茨城県内の街並みが変わる

茨城県内は東日本大震災の物的被害が比較的大きいのです。
新しい生活様式

7月雨の降らない日がなかった水戸市

連日の降雨記録が記録的だった水戸市に思う。
偕楽園

水戸の梅まつり2020が大変なことに

”第124回水戸の梅まつりにおける各催事について、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、各行事及びボランティア等を中止することといたしました。 各催事を楽しみにされていた皆様、またご協力をいただいた皆様には心よりお詫び申し上げます。 ※開催状況は随時更新する可能性がございます。ご了承ください。”
水戸市

佐竹氏-800年の歴史と文化-

展示を見学していると”勝手に”佐竹氏に親近感や愛着がわいてきます。
タイトルとURLをコピーしました