水越恭子さんがスクーピーレポーターを卒業

スクーピーレポート

茨城県のラジオ局のひとつ「茨城放送」のイチコーナーの”スクーピーレポート”のレポーターの一人、水越恭子さんが2020年(令和2年)3月28日土曜日のレポートをもってスクーピーレポートを卒業しました。
(それに先がけて、ハッピーパンチ水曜日も3月25日に卒業しています)

水越さんは茨城放送内には残るということでそこは嬉しいのですが(個人的意見)、土曜王国(サタディキングダム)でのバロン山崎さんとの掛け合いが楽しかっただけにレポーターとしての活躍がみられなくなってしまうことが本当に残念でなりません。

スポンサーリンク

最後のスクーピーは阿字ヶ浦

水越さんの最後のスクーピーレポートは、土曜王国放送中の阿字ヶ浦でした。

ご存知の方も多いでしょうが、阿字ヶ浦は茨城県のひたちなか市にある海水浴を楽しむこともできる砂浜の海岸線です。

ですが、2020年3月28日は雨が降っていたうえに風が吹いていて海の近くになんか行ったら寒くてしょうがないですね。

なので水越さんのスクーピーレポートも、レポートにならないぐらいの様子になってしまいました。

しかしながら、いまだ”田中ロス”を引きずる私としては阿字ヶ浦に向かわないと気が済まなくなっていました。

田中ロス

茨城放送で以前に「朝カツ」などで活躍していた田中里実さんが茨城放送を去るときに、何にもできなくてしょうがない記憶を刻むことになってしまった、個人的な事件。

せめて番組にお便りぐらいは出しておくべきでしたよね。

走れわたし

水越ロスを最小限に食い止めるために阿字ヶ浦に向かいましたが、正直”間に合うのか”自信がありませんでした。

というのもそんとき、ひたちなか市の国営ひたち海浜公園から帰る途中で、国道51号線を鹿嶋方面に大洗町を疾走中でほぼもう少しで鉾田市に差し掛かるところでした。

(参考記事:スイセンガーデンが見ごろを迎えました

要するに”阿字ヶ浦の近く”から”ほぼ帰った”場所に行ったにもかかわらず、阿字ヶ浦を目指すという超非効率な動きをしようというのであります。

が、行かないと田中ロスのようにとっても後悔するので
「もうサイン入り番組表がない」(マジ残念)と知っていても、行くしかないわけです。

阿字ヶ浦に車と人影が

阿字ヶ浦海岸には「さわやかトイレ」という名前のちょうずばがあるのですが、その近くに何台かの車と人を発見しました。

入口が分かりずらくて通り過ぎてはUターンを二回も繰り返してからの駐車場入場でしたが、そこには”クソ寒い”阿字ヶ浦海岸で雨が降っていたにもかかわらず表に人が集まっていました。

そしたらちょうど、水越さんが車に乗り込むところでそのまま乗車してしまったので半ばあきらめかけてしまいましたが、逆に水越さんのほうからこちらに気づいてくれて
「ラジオで来たんですか?」
「番組表なくなってしまって申し訳ないです」
「ありがとうございます」
という意味のことを言ってくれました。

寒いしもう帰りたいはずなのに、車の窓を全開にして対応してくれたので、ほんとうにうれしかったですね。

ありがたい神対応で、水越ファンで良かったなあと本気で感じたところです。

そしてファンの皆さんに見送られて、水越さんは阿字ヶ浦海岸を後にしました。

本当にお疲れ様でした。

オマケ、その後のTwitter

どうしても「水越ロス」が大きかった私は、ツイッターを活用して水越さん情報がないか探したりしましたところハッシュタグ付きでツイートしているへヴィユーザーさんがいました。

番組表の写真が同時にアップされていたので、羨ましい旨をコメントしたら素敵な対応していただきました。

みなさん優しい対応していただいたので、何かの機会に直接お会いしてお話したいですね。

コメント

  1. […] 「水越恭子さんがスクーピーレポーターを卒業」で、はじめて水越さんとチョットの時間とはいえコミュニケーションを取ることができましたが、最近の水越さんのお仕事のことが知り […]

  2. […] 水越恭子さんがスクーピーレポーターを卒業 ・水越ロス ・水越恭子さんの、その後 […]

タイトルとURLをコピーしました