こもれび森のイバライド(茨城県稲敷市)

いばらきで遊ぼう

ちょうど桜(ソメイヨシノ)の見ごろが終わって
那珂市静峰ふるさと公園の八重桜はまだ見ごろをむかえてないし、
さりとて国営ひたち海浜公園はスイセンは見ごろも
チューリップやネモフィラはまだ楽しめないような時期。

微妙に、出掛けるところに迷う
そんな中途半端な時期。

さあ、どこに出掛けよう?

いろいろ調べてみると、稲敷市にある
「こもれび森のイバライド」という
素敵そうな場所を発見しました。

「こもれび森のイバライド」の中には
「シルバニアパーク」という
シルバニアファミリーファンにとって
あるいは”かわいいものが好き”な人にとって
とても楽しめそうな場所があります。

いずれにしても初めての世界観を楽しめそうなので、
天候のいい日に訪れてみることにしました。

スポンサーリンク

こもれび森のイバライド

「こもれび森のイバライド」は、
茨城県稲敷市にある公園(?)で
キャッチフレーズが
”さわろう。つくろう。あそぼう。ワクワクを耕す体験ビレッジ”と
銘打たれています。

わたしが訪れるときには自家用車でしたが、
かなーり、閑静な田園風景が続いていたので
「本当に、このあたりにそのような場所があるのか」と思いながら
カーナビに従いつつ向かいました。

カーナビの指示通りに進んでいくと、
想定していたよりも”かなり大きい駐車場”に
まず圧倒されました(笑)

どこから入場していいのかわかんないぐらいの大きな駐車場でした。

ただ、駐車料金を払う場所っぽいのを見つけたので、
そこに行くと係りの人が駐車料金の徴収と、
「駐車場券」の半券で、園内の買い物が500円引きになるご案内をいただきました。

駐車料金も500円なので行ってこいのトントンなのですが、
”園内で買い物をしていただこう”というねらいのようです。
(抜け目ないっすねw)

ちなみに、駐車場の収容台数は
およそ2000台(!)とパンフレットに記されています。
(駐車場、マジで広いっす)

駐車場に車を駐車すれば目の前にとても雰囲気のある建物を見ることができ、
そこが入場口となっています。

こもれび森のイバライドは名前の通りマジで木漏れ日でした

「こもれび森のイバライド」は、”こもれび”というだけあって
その名のとおり木漏れ日を楽しむことができる施設になっていました。

ただ単純に”日向(ひなた)”と”日陰”に分かれているわけではなく、
さまざまな場所で木漏れ日を感じることができるように
木々の配置に工夫がなされているようでした。

また自然に囲まれたところにある施設のため
自然の心地よい風も楽しむことができます。
このあたりは、筆者が”春”に訪れたことが良かったのかもしんないです。

こもれび森のイバライドでは綺麗なお花も楽しめます

入場しますと、その時期に楽しむことができるお花について
案内の看板が設置してありましたが、
そこを確認するまでもなくたくさんのお花たちが
出迎えてくれました。

今まで訪れたことのある、ひたちなか市の「国営ひたち海浜公園」のように同じ種類のたくさんのお花が一斉投下されている景色は素晴らしいですし、それはそれで圧巻です。

ですがこんなふうに”ものすごくきれいに整列している”お花たちの風景を目にする光景は今まであまりなかった(少なくとも記憶の範囲にはない)ので、個人的に新鮮な美しさを感じることができました。

シルバニアファミリーファンには嬉しい「シルバニアパーク」でも楽しめます

「こもれび森のイバライド」の敷地内には
シルバニアファンには嬉しい「シルバニアパーク」という
シルバニアファミリーの世界に迷い込んだかのような体験をすることができる
素敵な施設があります。

詳しいお話は「シルバニアパーク(茨城県稲敷市)」でお話しているのでここではしません。

ただ「こもれび森のイバライド」としてのパンフレットやホームページ等々で施設の紹介をしたときに「シルバニアパーク」があることで強烈なインパクトとアピールになっていることは間違いないでしょう。

なんつっても「こもれび森のイバライド」に私が関心を向けるきっかけになったのも、目を引くシルバニアでしたし、実際に「シルバニアパーク」を訪れたときにも、かなりの盛況ぶりでした。
(なかなか見たいところがみられませんでした)

まとめ

個人的には今回が初の「こもれび森のイバライド」でしたが、
動物と触れ合えるコーナーや
乗り物を楽しめる施設、
アスレチックのような遊具を
(時間的な制約のため)
楽しむことができませんでした。

ぎゃくに「シルバニアパーク」では
かなり楽しむことができました。
わたしのように特にシルバニアのファンではなくても、とりあえず楽しんじゃうのがお得かと思います(笑)

また食事については駐車場の半券割引で美味しいピッツァをいただきましたが、
帰りまでに食べようとしていたソフトクリームを食べ忘れてしまっていた。

まあとても一回の訪問で楽しみ切れるボリュームでもないので仕方がないところですが、
ほかに”楽しそうだったけど、今回体感できなかったこと”を楽しむために
また近いうちに訪れたい場所となりました。

ただ、家から車で”いじちかん半”(1時間半)かかるのが難点なのですが。

今回は以上になります。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
当ブログは「にほんブログ村」に登録しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました