茨城県でマスクのほかに足りていないもの

マスク不足

新型コロナウイルスの感染拡大を受けてウソやデマを含めたさまざまな情報が錯綜して、その影響で日本全国で”マスク不足”が深刻化しています。

そんな中、マスクのほかにも各種衛生用品等が不足していて入手困難な状態が続いています。

一昔前ですと首都東京よりも幾らかテンポが遅れて茨城に情報が届いていたりしていたので、東京都で特定の商品がなくても茨城県に行けばあったりもしていました。
ですがSNSの発達に伴い情報がスグに茨城県にも東京都と同様に届くことが可能になり、たとえその情報がウソの情報であっても妄信して特定の商品が売れまくって品切れになったり品薄になったりしています。

そして、そんな世の中でコロナウイルスが蔓延するんじゃないかという不安をあおるようにデマ情報等によって衛生用品を中心に売り切れたり品薄になったりが全国的に発生してしまっている状態です。

今回はそんな”品薄状態”の物について今後入手可能かどうか、お話してまいります。

ただ今回のお話は、あくまで個人的な意見も含んでいますので正しいかどうかの判断はシッカリ行ってください。
(デリケートな問題ですので)

スポンサーリンク

マスクは相変わらず期待薄ですが

マスクは相変わらず品薄の状態が続いています。

ですがコンビニ店やドラッグストアに入荷がないわけではなく”入荷、即完売”が連続して起こっていると聞きます。

空気が乾燥している時期ですし風邪予防の観点からマスクは常備しておきたいアイテムのひとつになりますが、花粉症の人にとっては死活問題になりかねないマスク不足の問題になります。

ですが、コロナウイルスの予防については”すでに感染している人”がマスクを正しく着用することのほうが「感染拡大防止」には効果を発揮するというのが正しそうな情報になるので”まだかかってない人”についてはあまり神経質にならなくてもよい、という意見もたくさんあります。

また普通に風邪予防の意味でマスクを着用しようにも、ほかの人たちで”今まで咳とかしていてもマスクを着けていなかった”ような汚い人たちがコロナウイルスにビビッてマスクをきちんと着けてくれているので、逆にマスクをしなくてもいいような気持ちにもなったりもします。

そんでも、風邪や感染症に対しての予防に一定以上の効果が見込めることも間違いのない話なので、マスクはできるだけ入手して着用していきたいとは思います。
ただ、転売屋から高額で購入する必要は”現状元気なら”必要ないかとも思います。

アルコール消毒系の商品

アルコール消毒系の液体などを噴霧するようなものや「手ピカジェル」のようなもの、およびアルコールを含んだティッシュのようなものが、店頭に並んでいる光景を最近見ていないです。

アルコール消毒系の商品は水道が近くにないような場所においても手洗いのような効果がある程度得られるという便利な品物ですが、手洗い後に使用して手洗い効果を高めるという使い方もできる素晴らしい品物です。

なので”手を介して口・鼻・目のような粘膜”から侵入して感染していくという性質を有しているコロナウイルス予防に大きな効果が期待できるものとしてたくさんの人々から多くの支持を集めています。

そういう理由からやはり手に入れたいもののひとつになりますが、店頭に並んでいないので入手が非常に難しい状態が続いています。

ハンドウォッシュ

アルコールで消毒をできないとなるとこまめに手を洗ったり、帰宅後にシッカリ手を洗いたいものです。

個人的な話になりますが、普段あんまり手を洗ていなかった(汚い)私でさえ”最近は”帰宅後を中心に念入りに手を洗うようになりました。

なのでハンドウォッシュを手に入れておくことが感染症予防にも有効と思われるためぜひとも購入したいものですが、こちらはありがたいことにドラッグストア等で店頭に並んでいます。

とはいえ販売されている数量が現状多いとは言えない状態ですので、もし持っていなくて店頭で見つけた際には手に入れておきたいものですね。

ハンドウォッシュの場合でも除菌効果が期待できそうなものをできればチョイスしていきたいところです。
私は多少ほかの商品よりも値は張りますが「ミューズ」のポンプ式液体の物を購入しました。

ガーゼとキッチンペーパー

ガーゼとキッチンペーパーは「マスクを手作りできるアイテム」として売れまくっていて品切れのお店が続出しています。

マスクを作る際に確かに(ガーゼマスクが昔からあるように)ガーゼはかなり”マスクとしての性能”に期待ができるところです。
ですがキッチンペーパーについては、用途が異なるように思います。

カタチの上ではキッチンペーパーでもマスクのような形状になりますが、効果のほどは未知数ではないかということで疑問符が付くような気がいたします。
(医療専門家ではないので、もちろん断言はできませんが一つの意見として参考にしていただければと思います)

トイレットペーパー

トイレットペーパーも品切れのお店が多いです。

しかも「サンフラワー」(ぼっとん便所用のトイレットペーパー)までも売り切れていたりするものだから驚きだ(笑)
水洗式のトイレでは、確か流れずらいし、流してはいけないもののはずだと記憶していますが。

で、どうやらトイレットペーパー不足の事の発端が
「トイレットペーパーはマスクと同じような材料で作られていて流通経路も似ているために次に品切れになるのではないか」
という転売屋のデマ情報によるものです。
しかもその情報操作によって実際に品薄状態を作り出してしまい、便乗した悪徳転売屋が儲かったという図式があります。

でも、紙業の内部の人を名乗る人の主張によると、トイレットペーパーは国内生産しているため供給が足りなくなることは考えにくく、また在庫も豊富なので品薄状態は解消に向かうということでした。
要は、あとは供給だの物流が追いついて来れば大丈夫ということですね。
(こっちの情報のほうが信用できそうだし、しかも信用したい)

にしてもさあ、トイレットペーパーのまとめ買いをしている人たちの列をとらえた動画を拝見しましたが、みんなしてカートいっぱいにトイレットペーパーを積んでいたものだから
「この人たち、どんだけタレんだよw」と、自分は感じましたがねえ(笑)

ティッシュ

ティッシュも、トイレットペーパーと同じような理由で品薄状態が続いていて売り切れてしまっているお店が多いです。
(なので品薄解消についてもトイレットペーパー同様に心配が少ないものと思われます)

ティッシュはやはりマスク同様”花粉症の方”にとって春先の必須アイテムのひとつになりますので安定的に供給されてしかるべき品物になります。

ただティッシュの品薄はトイレットペーパーのそれに比べて解消に向かっている様子が早いようで、3月3日時点ですでに解消の動きがみられているので(店頭に並んでいるのを複数確認済み)大丈夫かと思います。

ティッシュについてもトイレットペーパー同様、生産不足の心配もないようですし在庫についても十分な数量があるようです。

茨城県の衛生用品中心の品薄商品についてのまとめ

マスクやアルコール除菌系の商品については極端な品薄状態が続いていますし今後の見通しも期待できません。

ですがティッシュやトイレットペーパーについては、元ネタがガセ濃厚ですので徐々にでしょうが品薄解消に向かっていくことが期待できると思われます。

なのでそこまで神経質にならなくてもいいと、私は思います。

コメント

  1. […] 茨城県でマスクのほかに足りていないもの 40 ビュー […]

タイトルとURLをコピーしました