2年ぶりに開催される「水郷潮来あやめまつり」概要

あやめまつり

昨年は新型コロナウイルス感染症が拡大してしまい、予防など対策法が確立されていなかったために各種イベントが中止してしまいました。
っつーか、ほどんとのイベントが中止になっていました。

なので、今回ご紹介する「水郷潮来あやめまつり」も例にもれず昨年は中止となってしまっていました。

ただ、今年2021年は”感染症対策を講じた形で”の開催となり「あやめまつり」としては二年ぶりの開催となりました。
主催者の方々の対応が大変でしょうけど、楽しみにしている人からするとうれしいところではあります。
(コロナ禍のせいで、手放しでは喜べないところですが)

二年ぶり開催のイベントとしては、笠間の陶炎祭(ひまつり)もありましたね。
笠間の陶炎祭(ひまつり)に関しては、
2021年の笠間の陶炎祭(ひまつり)はゴールデンウィークに開催されます
笠間の陶炎祭(ひまつり)2021に行きました」で
お話しているので、よろしければご覧ください。

スポンサーリンク

水郷潮来あやめまつり


(※写真はイメージです)

「水郷潮来あやめまつり」は、潮来市の駅の近く、どこか懐かしい街並みの近くにある”あやめ園”で例年開催されています。

2021年の開催期間は5月21日金曜日から6月20日日曜日までの一か月間となっています。

場所は”潮来市あやめ”の「潮来あやめ園」という、まんまの名前のまんまの地名です。

たしかに分かりやすいが、最初は”あやめ”という地区名が冗談かと思いました(笑)
だけども本当でした。

「嫁入り舟」は残念ながら中止


(※写真は過去のものを使用しています)

今年は何とかコロナ禍の中「あやめまつり」を開催することができましたが、あやめまつりでの見どころのひとつになっている「嫁入り舟」が残念ながら中止となってしまいました。

あやめまつりの開催ができるかどうかも不透明な中で”主役”を募ることもできませんし仕方がないところなんでしょうが、幸せのおすそ分けをいただきたいわたしのような寂しがり屋には残念なお知らせではあります。


(※写真は過去のものです)
「嫁入り舟」には”夜の部”もあり、幻想的な雰囲気を醸し出しています。
今年は開催しませんけれども。

ライトアップは「あやめまつり」期間中開催予定


(※写真は数年前のものを使っています)

「水郷潮来あやめまつり」の楽しみのひとつに”昼間と夜の雰囲気”の違いがあります。

あやめまつりの夜のライトアップの雰囲気は独特で、
国営ひたち海浜公園のコキアライトアップのような”派手さ”とはちがい
提灯がぶら下がっていてもお祭りのような”にぎやかさ”ともちがい
かといって竜神大吊橋の灯ろうのような”静けさ”でもない。

んで、そこには多くのあやめの花がたたずんでいるという。

ことばが上手い人が説明したり、上手い人が撮った写真でもそれなりにイメージをつかむこともできよう。
ですが、場の雰囲気は体験してみないと分からないものがあります。

意外に観光地の写真を見て行ったけど、思ったほどじゃないような観光地がいっぱいあるけど(汗)
(例えば、紅葉で知られる”あの観光地”とか)
あやめ園のライトアップは、いい意味で期待を裏切ってくれると思います。

ちなみに、期待外れすぎたところは、わたしは紹介しません(笑)

まとめ

仕方がないこととはいえイベントが縮小されての「水郷潮来あやめまつり」開催なのは残念ですが、開催されるだけでも今年はありがたいと思いたいところです。

で、まだ「あやめまつり」を体験していない人には、その場が持つ独特の”良い雰囲気”を体感していただきたいと、そう思うところであります。

写真が上手くなくても、きれいな写真が撮れます(笑)

今回は以上になります。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ
にほんブログ村
当ブログは「にほんブログ村」に登録しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました