【大子町】百段階段ひなまつり花嫁行列の提灯持ちが交代しました

いばらきを観よう

茨城県屈指の観光地”久慈郡大子町”では一年に一回、たった一日の開催となっている
「百段階段ひなまつり」という貴重なイベントが行われています。

百段階段ひなまつりには見どころがたくさんありますが、メインのイベントのひとつに「花嫁行列」があります。
大子町内の商店街の一角で、数百メートルほどの距離を三十分ほどかけて花嫁花婿を祝福する行列が行進します。

行列のなかでも先頭(付近)にいる提灯持ちは荘厳で存在感抜群ですが、その提灯持ちの役割を長年務めたK氏から、若手のT氏に交代するということがありました。

目次

スポンサーリンク

前任者のK氏の雰囲気抜群さ

誤解を招きそうな表現を承知で言ってしまうと、花嫁行列の最大の特徴として
”提灯を持っている無表情なジッチが、すごくゆっくり歩っている”というものがありました。
(関係者の方々、お気に触れたのでしたらごめんなさい)

その、独特の雰囲気を醸し出して崇高で荘厳な印象を体現していたのが、今では提灯持ちの前任者となったK氏でした。
そのため、提灯持ちの交代は考えられないようなふうに思わされるほどでした。

で、今回から前任者となったK氏は、しっかり裏方に徹してました。

提灯持ちを務めていいたころからもおこなっていた縁起物の折鶴の配布を行っていました。
また、新任の提灯持ちの方のフォローに真剣におこなっていました。

新提灯持ちは、若手のT氏

提灯持ち前任者のK氏のイメージがこびりついているので、新たな提灯持ちの人はどんなあんばいなんだっぺ?とイラン心配をしていましたが前述の通り前任者のアツイフォローもあって若手の新提灯持ちのT氏によって、新しいフレッシュな花嫁行列を目にすることができました。

重要な役割で、しかも初めてのことですのでハンパない緊張感の中でしたでしょうが(すぐ近くで前任者のK氏がいたりまするし)堂々とした行列の演出となっていました。

もちろん前任のベテランの味的な雰囲気はないものの、大事な日の厳かな雰囲気は十分に出ていました。

今後の行列の参加者がどのようになっていくのかは分かりませんが、今後も花嫁行列が楽しめる(と、いうと少々不謹慎かも)ことが大いに期待できる内容となっていました。

まとめ

茨城県久慈郡大子町の「百段階段ひなまつり」は見どころがたくさんありますが、その中でも”花嫁行列”は荘厳で神聖さを感じることができる、幸せのおすそ分けもいただける素晴らしい催し物です。

ミスター提灯持ちともいえるK氏から今年若手のT氏に提灯持ちが交代(?)となり、今後も大子町から目が離せなくなりそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました